Entries

トレニック越生30

日曜日は朝から雨でしたが、

トレニックワールド越生でした。

雨でも走ります。

ランを始めて大会に出れるようになったころは、

雨が降ったらDNS (Did not start 、ディドノット、スタート、出走しないこと)しようと心に決めていましたが、

このごろは、何があろうと参加します!

進歩しました!

People improve each and everyday!

「ピーポー、インプルーブ、イーチアンドエブリデイ!」

「人は日々進化します。」









30キロより30分前の40キロの人たちのスタートのときは、

雨はまだまだ、結構な降りです。

ワタシのときはやんで!  って勝手なお願い、しました。。。

Please stop.... just for us.... 「プリーズ、ストップ、ジャスト、フォアス! 」 

40Kのスタート











ニューサンピア越生の後ろのトレイルからスタートですが、

すでにここで、足はどろだらけです。

その後、「足元をきれいにしたいな~」と思いながら走りますが、

そんなことしてたら、スイーパーさんに肩たたかれて、レッドカード出されたら、大変!

この後の長いロードでは、みんな結構飛ばしてますが、

自分のペース配分どおりに走っているとビリぐらいでした(-。-;)

Never mind! 「ネバーマインド! 」

「気にしない、気にしない! 」

しかし、最初の全洞院エイドの関門は余裕でしたヨ!

全洞院エイド












ぶな峠エイド。

あと関門に15分ぐらいしかない!

ちょっと、あせり出します。

しかし、あせってもこれ以上速く走れません!

ここのエイドのコストコのケーキがおいしかった!

※帰ってからチェックしたら、ここの関門の時間が間違ってました。このとき45分余裕ありました!

ぶな峠エイド












くぬぎ平。

下界にとうちゃく~。

ここで雨があがり、山々の向こうに街が広がっているのが見えます。

天気のばか~、回復するの、おそいよ~! 

Dumb! You are too late!

「ダーム! ユーアートゥーレイト! 」

もうすでに、どろと雨と汗でびっしょりだよ~。

下界に到着





これから登る最後のトレイルのおおづき山の三角も見えます。

疲れた体には、低山でも大きく見えます。

大築山?





くぬぎ平エイドでは、揚げ玉入りのそうめんが出てきました!

すてきなエイド!

前を走る友だちがさっさと行ってしまったので、

私もなんだかあせって、時間も見ずに出発します。

くぬぎ平エイド





ずっと気になっていたおおづく山に取りつく手作り橋の様子が心配です。

川は増水して、ゴーゴーという音までついてます!

手作り橋をすべったら、増水した川に落ちて、アップアップすること必至です。

これは、はってでも、落ちないようにしなきゃ!

川が増水してる












問題の橋は、

木がちょうど乾いてきたので、なんとかよつんばいにならずに渡ることができました!

よかった~!

これでもう心配事はなし。











大きなくすの木の「大クス」エイドにやってきました。

大クス



ここは、40キロの人たちと共通のエイドです。

いつものことですが、40キロのトップの人たちがぞくぞく通過して抜かされます。

私はあと少しの安堵感から、いろんな食べ物に手を出してなかなか足が動きません。

大楠エイド



雰囲気から、余裕のようですが、

関門時間、チェックしなきゃ!

関門に1時間45分も前でした。

大クスエイド-3











エイドを出ると、青空も顔を出してきました。

青空、出てくるの、遅いよ~

青空が見えてきた









楽しみにしてた乗馬クラブには、

かわいい三毛ヤギちゃんがいました!

三毛ヤギ



キラキラ瞳が超キュートです!

三毛ヤギちゃん





最後のロードは40キロの人たちにがんがん抜かされました。

みんなすごいですね~!







このコースはロードが長くて、ロードが苦手な私は、ちょっと足が痛くなりますが、

乗馬クラブがたくさんあり、いろんな動物に会えて楽しいコースです。

来年はロードをスタスタ走れるようになるように鍛えて、また出走したいです!



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://english0120.blog39.fc2.com/tb.php/112-d54828c0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

mc

Author:mc
オーストラリアのど田舎に住んでいたことがあり、念願の田舎に越して田舎生活をエンジョイすべく野山を駆け回っています。英語を話す機会は仕事以外はあまりなくなりましたが、忘れないように奮闘する毎日です。

検索フォーム

QRコード

QR