Entries

真夏の朝ラン

It's hard to get motivated in Summer...

「イッツハード、トゥゲット、モーティベイティド、インサマー」

「夏はモチペーション上がりません。」

今日は曇り空なのに、朝からムシムシ暑いです。

16日にみんなと試走会があるので、体、動かしておかなきゃ!

7時半から、ひさびさの朝ラン。

アジーーーよーー!







ほとんど無風。

汗がダラダラ、たいしてスピードを出してないのに、ハーハーいってます。

頭の中は、涼しい道、コンビニがある方向、

涼しい風景、暑さを忘れるようなナイスなルート、

と、必死に回転してます。

真夏の、しかも一人ランは、超辛いです。

モチベーション、なかなか上がりません。







おっ!鹿台橋から高麗川で遊ぶ人たち!

しばし、欄干から涼みます。

みんな夏休みとお盆で田舎の川に来てるって感じかな。。。

高麗川の川遊び







涼しいルートを求めてうろうろしてたら、

西武線の車庫の上を通過するルートを選んでました。

メーテルの涼しげな目線。

西武線車庫






このごろ、子供たちに人気の「妖怪ウォッチ」車両と並んで、休憩中です。。。。

西武線車庫-2





今日のルートは、



たったの11キロ、しかも2時間半もかかってる!






冒頭の文は、オーストラリアのドキュメンタリー映画「ファース・ラブ」より引用して応用しました。

オリジナルは、

-It's hard to get motivated in Winter. 

「冬はモチベーションを上げるのが難しいです。」

-You need to go out with friends who keen to surf so you can eager each other on and have fun and trying to forget how cold it is.

「サーフィンの好きな友達といっしょに、お互いに励ましあって、楽しく、寒いことを忘れるようにようにしなきゃ。」

これを「夏」と、「ラン」と、「暑いことを忘れる」に変えると、まさに夏のワタシの状況です。

映画は、オーストラリアの田舎でサーフィンを真剣にやっている17歳の女の子三人の物語です。

ドキュメンタリー映画なので、オージーの女の子のナマの話し方がわかりますヨ! 



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://english0120.blog39.fc2.com/tb.php/107-edcc6c49

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

mc

Author:mc
オーストラリアのど田舎に住んでいたことがあり、念願の田舎に越して田舎生活をエンジョイすべく野山を駆け回っています。英語を話す機会はあまりなくなりましたが、忘れないように奮闘する毎日です。

検索フォーム

QRコード

QR